大塚智則

声優 大塚智則 First, There was a boy longing to be a hero…

(c)OHTSUKA TOMONORI (c)LYNC-ENTERTAINMENTS.,Inc.
archives

Story-005 分岐と転機

僕の人生には二度の分岐点がある。
そしてそれは同時に転機だった。

まずは専門学校時代。
卒業公演を控えた数週間前に最愛の祖母が他界した。

最後まで家の後継ぎとしての僕に期待していた祖母に、僕の夢はよく否定されていた。
でも自分が舞台に立つ。
しかも凄いメンバーの中、メインの一人に選ばれた事を、とても喜んでくれた。

幼少期に遡る。

小さい頃、沢山の事を教えてくれたのも祖母だった。
半身不随で遠出もできず常に家の中だったがいつも僕を可愛がってくれた。

昔話も、小説も、漢字も、時代劇、演歌、日本の古典芸能の素晴らしさ。

名作映画『慕情』が大好きな
とてもおしゃれで可愛らしい祖母。
東京出身でいわゆるハイカラな祖母。

遠出ができない祖母にいつしか僕の声でも楽しんでもらえるようにと
強く声優に拘ったのもここから。

祖母が他界した日も朝から稽古だった。

誰にも言えなかった。
言ったらプロじゃないと思った。

この仕事は親の死に目にもあえないものだ。

その言葉を言ったのも祖母だった。

酷い消失感の中、稽古終了後に演出に呼ばれた。隠し通せなかった。

直ぐに実家に帰れと言われ、何とか一通りのお別れを済ませることができた。

祖母の火葬からの帰りに遠い親戚から言われた

『これも芸の肥やしだ』。

酷く残酷な言葉だった。

自分が夢を追わなかったら、
祖母の死に目にも会えたのだろうか。
別れを言えたのだろうか。

自分は祖父の死に目にも会えていない。

そのせいもあってか…
常に祖父や祖母の面影を辿りながら
その後の卒業公演を越え、そして養成機関への門戸を叩く。

もう一つは父の死だ。

僕が役者を続けていることの分岐点はこの事が一番影響を与えている。

父は元々某大手自動車会社の営業マンだった。人当たりも良く、とにかく人望の厚い人だった。

そんな人が、自動車の営業で立ち寄ったのが母の家、そこで母に一目惚れしたらしい。

そして父は婿養子として大塚家に入った。

家族の会話としても、馴れ初め的な部分ではよく話される、両親が家族になったエピソード。

父の家は父親(祖父)が猟師、そこから鉄工所を始めた為、決して裕福では無かったそうだ。

父は若い頃、下の兄弟をきちんと学校に行かせたいということで、中学卒業後就職した。

そして父も独学で勉強、そして大手に就職したそうだ。

こんな会話も、断片的にしか記憶できていない。
父が亡くなってから、父方の祖母がかつての父の事を沢山話してくれた。

母からも父の話を沢山聞いた。

父とはどちらかというと高校に入ってからはあまり会話という会話を交わさなかった。

理想の男像は父だったが、あの人ほど社交的でもなく、努力家でもなく、寧ろ父の期待等から逃げていた気がする。

そんな自分を応援してくれたのは父だった。

高校の三者面談で声優になりたいと言い出し、母からも親不孝ものと泣かれ、そんな中行きたかった学校は認可の無い専門学校。

途方に暮れていた。

そんな時、父が専門学校の情報誌を持ってきて、ここにあったぞ。

と、専門学校のページを見せてくれた。

やりたいことならキチンとやれ。

その言葉で自分は東京に出る。

父がなくなったのはそれから4年後のこと。

声優養成所と劇団養成所と掛け持ちしていた頃、劇団で新人公演があった。

自分は探偵のような刑事部長役で
ミステリーだった。

学校の卒業公演には来なかった父が
はるばる来てくれた。

本当に嬉しかった。

待合室が劇場入り口の真上にあった、
だから聞こえた。

父が恩師に伝えていた言葉。

『大塚智則を宜しくお願いします。』

父はその三ヶ月後に、急性大動脈解離で緊急入院。

父の血液型はA型のRH-。
1,000人に一人の血液だった。

その三ヶ月後、一度も意識を戻さないまま、僕達の見守る中、息を引き取った。

父がいなくなった実感が湧かなかった。

母も妹も病室で泣き叫んでいた。

本当に自分は父との思い出が幼少期しか無いことに気付いた。

帰省した時、仕切りにどうだ?
二言目には声優に拘るな、だった。

その事で衝突をよくしていた。

通夜には500人もの人が訪れてくれた。

皆泣いていた。

自分は…泣けない。

ただ父の偉大さが見える分、
自分が余りにも独りよがりで
小さなものに思えた。

…皆にとって大切な人だったんだと言う気持ち、そんな人が居なくなってしまった事。
それしか受け取れていなかった。

皆が帰り、母と父の前で父のそれまでの事を聞いた。

父は常に、映画やドラマをチェックしていたらしい。
『智則は照れ屋だから何に出たとか絶対に言わない。』
そう言って常に気にしてくれていたらしい。

そして父が若い頃に役者をやっていたことも聞いた。

若い頃のたった数年だがやっていたそうだ。
だから、拘るな、一つに絞らず何でもやれ。何でもできるようにしろ。

父はそう言いたかったのだと気付いた。

そして、父が手術室に向かう時に母に対して言った言葉。

『智則を助けてやってくれ。あいつの仕事はいつ芽が出るか分からん仕事だ、俺にもしもの事があった時は、お前しか応援できるやつはいない。頼むな。』

母からそれを聞いて涙が止まらなくなった。

いつ辞めるのか

父は常にそう思っている、
そう決めつけていた。

しかし違った。

父は楽しみにしていてくれていたのだ。

息子の声がテレビの中から聞こえてくるのを。

そして誇りたかったんだと。

もう泣くしかなかった。
父に何度も謝った。

もっと努力できていたら。
もっともっと積極的に前に出ていたら。

悔やんでも悔やみきれない。
母も一緒に泣いていた。

本当に自分は親不孝だと思った。
自分は誰も幸せにできないと思った。

それを見越してか母が言った。

『お前はもう外に出した。うちに戻ろうなんて思わないで、お父さんが言ったように、声優をやりなさい。きちんと最後までやりなさい。芽が出るまで母さんが見ててあげるから。』

この三ヶ月後に、僕は声優デビューを果す。

実家では近隣の方々がうちまで来て、
皆で観てくれた。

父が生きていたら、きっと大喜びしながら

『まだまだだな~』

と言っていたに違いない。

これが、自分の今を形成する軸であり根幹である

Story-004 作品と向き合う?

How to face and approach to the work ?
作品に対するアプローチは・・・
実は新人時代から殆んど変わらない
とにかく”過信”は自分の評価を下げる
出来る限りの努力を記憶しながら
台本に刻む。
台本を手に持っている時点で
芝居に集中できないはずなので
その情報やプランを
とにかく文字や記号、
そして現場で起こりうることの
イメージを膨らませ
実際の収録時に、
最終的なプランを構築する
自宅での環境下では
とても落ち着いてチェックできる
しかし沢山のプレッシャーの中で
イメージしてチェックして
いかなければ
足元は簡単に崩れる

自分の台本への書き込みは

周りが引くほど真っ赤で
最近は蛍光ペンも入って
何だかエレクトリカルな雰囲気

吹き替えの現場はデジタル化が加速し

以前のルールが要らなくなり、
やらなくなり
していい事が増えている
便利になる分、
演技に集中できるものの
負荷なくして成長無し・・・
余裕ができると
何かをやらなければとなるわけで

それで

皆の配役のチェックをし
そして現場で答え合わせをしたり
そんな事をずっとやって来たので
多種多様な作品の中で
何らかの形を取れているのだ・・・
と思う

だが、自分自身のこだわりも、

周りが良いと言ってくれなければ
全く意味の無いものになる

そして現場レベルでの演出や

方向性の変更や決定
そういったものに対しても
即時修正できなければならない
ある種ラフに作っていたり・・・
とにかく、チェックチェック・・・
何度も何度も台本を読み
映像を見て
何を伝えたいのか
何を担うキャラクターなのか

そこを掘り下げる作業が・・・

堪らなく好きで・・・

Story-003 ”リアル”に 演じる?

How to perform “REAL” ?

 

リアルに演じるには
声優なので声・・・
と最初に思うかもしれません
根本的には全ては生活
キャラクターを演じる時
それ自体が特別なもの
と捉えてしまうから
日常の記憶を演技に活かせない

日常の中にある

ごく当たり前の感覚を
記憶し続けることが大切

…それにはまず

キャラクターの日常の構築をしないと

名前、年齢、出身、血液型、家庭環境

社会的地位、好きなもの嫌いなもの
好きな人、嫌いな人
フラットで当たり前の
日常をまず作ることで
フィクションの要素
を取り入れる

とは言え

日常の中に本来無いもの・・・
フィクション・・・
それをイメージする
様々な作品を見たりする
映画もアニメもドラマもラジオも
舞台や落語や能や狂言
ライブコンサートやイベントも

出演者も製作側も観客も全て

とにかく多角的にアンテナを張る
様々な人を観察し

使える出来事、キャラクター
とにかく使えるものを記憶していく

体験しなければ

演じることができない・・・
となると、役によっては
人の道を外れてしまう
だから強いイメージ力が必須

人は生まれもって常に成長する過程で

試練を与えられているはず
それに打ち勝っていくことこそが
人生を裕福にしていく事だと

常に辛いことは付きまとう

でも・・・
それが糧になる

演技とは

日常を生きる人達の代わりに
非日常を体験させる為のものだと
人よりも辛い経験をする事こそ
演者としての幅を広げ
深める手段なのだと

心の中の闇をこじ開け

コンプレックスとプライドを破壊する
そこから新しいキャラクターへの準備がはじまる
若手の頃はそれができなければ
己から脱することは
困難だと捉えていた

そこまでやらなくても・・・

と言われた
とあるハリウッドスターのエピソード
がある
戦争映画に出演するにあたり
銃弾を足に受けた時の
臨場感を作るために
麻酔無しで歯を抜いたという
エピソードを聞いた時に
『やってみよう…』と思い
麻酔無しで歯の治療をしてもらった
ことがある
失敗だった・・・
歯の神経を取る治療の
痛みに耐えられる訳もなく
即、麻酔をお願いする

体験に勝るものはないが
命をかけるだけの物を生み出すには
まだまだだ・・と文字通り痛感

それから

高層ビルから落下するという
シーンの時は
幼少期に実家の山で
月の輪熊に出会い
遮二無二逃げて
7メートル位の滝から落ちた時の
経験が生きており

ただ・・・

その時、リアルにはどんな風に声が出ていたかが
どうしても思い出せず・・・
結局バンジージャンプで飛んで
実験してみた
その結果
声が出るのは
飛ぶ前と飛んだ後・・・
という事で

ここで、日常のリアルだと

分かりづらいと言うことに気付き
演技としてのリアルを
追及する事になる

声帯や骨格の模写ももとより

キャラクターの身体の状態を
第一に考える
精神状態も性格も環境も
そのキャラクターの体調に
反映されることが多いので

映像やキャラクターイメージ

自分のキャラクター以外の台詞等から
構築していく

そのあと、声を乗せていきながら

本体の肉付けをしていく

何はともあれ

声に強い個性を持っている方と
作品を作りながら勝負していく為にも
リアリティーのある演技
断固たる決意を持った声圧が
必須になる

その為の努力を惜しまないこと・・・

沢山人前で恥をかく・・・
良い意味で
その事も含めて、沢山学び、感じて
それを自分の中できちんと肯定
正当化していく

そんな作業の毎日・・・

Story-002 声優 大塚智則の発端

Works appeared exceeded 1,400,,,.
Still going ahead…
養成機関での
合同オーディションを経て
22歳でデビュー
作品の収録現場では
大御所声優である大先輩の
演技と佇まいを間近で見て
沢山の事を教わった

その大御所声優は

本番の5分前に台本を受け取り
テストでチェック
本番でバシッと全てを合わせてみせる
しかもキャラクターが
その大御所声優に近づいてくる
不思議な感覚を体感

何もかもが別次元の演技や声

こんな人になるにはどうしたら
そればかり考えるようになった
そんなデビューから
紆余曲折ありながらも
ふりかえれば
15年で外画総出演作品数1,400本を越え
現在更なる前進をと
なお奮闘中

Story-001 大塚智則の原風景

A boy was longing to be a hero…
小さい頃から正義の味方に憧れて
保育園や家で
毎日あらゆるヒーローごっこ

正義の味方ごっこ

正義の味方のカッコ良さという

単純な憧れですが
映画やドラマ好きの父母、祖父母の

影響が色濃く

記憶を遡りながら

断片的に強く残っているのは
家族で映画やドラマを

手に汗握って観ていた風景

今、自分が声優になれたのは

父の後押し…母や家族の応援は勿論
自分が頑固で負けず嫌いで

下手くそだったから

専門学校や養成機関では
とにかく自分のプレイスタイルなど

無いのに
ただ人を笑わせたら勝ち・・・

みたいな

面白い音を出せば良いという気持ちで
人を笑わせたら勝ち、

それに一生懸命になって

面白いやつと言うのが
僕の維持するべき

周りに対するブランド意識になって

本当に芝居や演技が上手い人達に

当たった時に
自分が薄っぺらい事しか

考えていないことに気付く

専門学校時代

周りは本当に凄い人ばかりで

各々が演者としての空気を纏ってた

そんな中で

壮絶に恥をかきながら
何とかこの人達の
迷惑にならないように頑張ろうと決め

毎日自分と戦った

専門学校卒業後

声優養成機関と
劇団の演技研究所に通い
二足のわらじを履きながら
演技力と声優としての
技術を磨きながら
日々を過ごす

大塚智則プロフィール

■大塚智則プロフィール

長野県出身
7月18日生まれ
蟹座のO型
父方は芸能に長け、母方は老舗の料理人家庭。
幼少より正義の味方に憧れ今も尚その熱は衰えない。

プロレスラーになる夢もあったが、
怪我によりもう一つの夢、声優を目指し高校卒業と同時に上京。
祖父が皇室付きの猟師をしていたこともあり、新たな挑戦、として狩猟免許取得を目論む。
声優講師としての評価も高く、現在約200名の生徒にレクチャーを行う。

■主な出演

【TVアニメ】
 「殿といっしょ」 山賊親分役
 「イタチとオウム」 イタチ役主演
【外国映画:吹替(DVD&劇場公開) 】
 「名探偵ポワロ」DVDコレクション ディアゴスティーニ版 エルキュール・ポワロ役主演
 「ターザンの大冒険」DVDシリーズ ターザン役主演
 「 MICHAEL JACKSON: History – The King of Pop 1958-2009 」 (メインナレーション)
 「サウルの息子」 サウル役主演
 「パリ20区~僕たちの教室~ 」フランソワ役主演
 「 See Food 」ジュリアス役主演
 「七番房の奇跡」 ヨング役主演
 「テロ、ライブ」 ヨンファ役主演
 「レゴ・ザ・アドベンチャー」 クラッチ役主演
 「風雲~ストームウォリアーズ~ 」 雲役主演
 「流星花園~花より男子~ 」 生徒役
 「更年奇的な彼女」 リウ・チョン役
 「ピッチ・パーフェクト」 バンパー役
【外国TV:吹替】
 「れいぞうこのくにのココモン2 」カビキング
 「ねここのゴロ」 (SE&ディレクション)
 「アニマルウォーズ森林帝国の逆襲」 ダン役主演
 「ザ・ホークス~ハワード・ヒューズを売った男~ 」クリフォード役主演
 「チェイシング/追跡」 クリストフォロ役主演
 「彼と私と両家の事情」
 「わんぱくバディーズ ダイヤ泥棒をやっつけろ」
 「韓流ドラマ 美しい彼女」
 「シカゴホープ(第5シーズン) 」 『シナリオライターは君だ! 」
【ゲーム】
  MMORPG 「鬼斬」モモタロウ役
 「ブレイブソングオンライン」レオン・アスラ役
 「フォーチュンサモナーズ~アルチェの精霊石」トワリン役
  PS2「ガイザードレボリューション」翡翠&春日陸役
【ナレーション】
 「 Aqua Timez 「FCツアーThe Fantastic Tour 2012」 」(ナレーション)
【ラジオ】
 レインボータウンFM(木場) 「おにぎり!On the radio 」 (メインパーソナリティー)
 レインボータウンFM(木場) 「アイガク」 (メインパーソナリティー)
 KissFM(神戸) 「土曜ドラマランド」 (メインパーソナリティー)
【ボイスドラマ】
 GACKT:PERFECT STORY BOOK「RE:BORN」(GHOST副隊長役)
【 CM&PV&舞台】
 「エコバックスジャパンTVCM」ウォレス・チョン役
 「第一精工」 (PV)
 「砂漠の密室」 神楽坂向陽役主演
 「楢山節考」
 その他多数